読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トリコチロマニア 101

トリコチロマニア自助グループのブログです。旧ブログは"ひとりじゃないよ"です。 email: trichotillomania.japan@gmail.com

社会的に正常でも、家の中で正常とは限らない

抜毛癖 抜毛症 トリコチロマニア 親子関係


前回続きです。
----------------------- 
自分の父親や母親が、どう見ても、どう考えても、
社会的に正常な人にしか見えない。
こういう人はとても多いです。
 
ですが、下記の図を用いると、結構簡単に説明できますよ。

 

f:id:trich-japan:20140707073830p:plain



正常にしか見えないお父さんとお母さんは、
公共圏では、完璧に、正常性を演じることができる人です。
意識的にせよ、無意識的にせよ、公共圏での振る舞い方はちゃんとわかっている人です。
 
けれども、どんなに公共圏でちゃんとしていようが、あなたが病んでいるという事実の元では、話が違ってくる。
「あなたが病んでいる」というのは、あなたが今も髪を抜いている以上は、ということになります。
だってぇぇぇ、親密圏がちゃんとしてる家族の子どもって病まないんだもん。
事実ベース、現実ベースで考えるのって、とっても大事なことです。
 
さらに付け加えると、公共圏と親密圏をちゃんと使い分けることができる、人格を変えるくらいのこともできてしまう親なら、そういう人ってちょっとというかかなり怖いよね。
もしもそういう親に育てられてきたなら、あなたも、公共圏でどう振る舞うかがすべて!というふうになり、親密圏はどうでもいいし、何をやってもいい、という価値観を植え付けられているかもしれません。
 

加藤先生良いこと言った!