トリコチロマニア 101

トリコチロマニア自助グループのブログです。旧ブログは"ひとりじゃないよ"です。 email: trichotillomania.japan@gmail.com

行ってきた


NABAが第3木曜に開催している、オープンミーティングに行ってきました。
NABAについてはこちら
まさに下記動画の場所(マンションの1室)に行ってきたよ。

12ステップではなく、10ステップを読んだりしました~。
10ステップについてはこちら

youtu.be

 

trich-japan.cocolog-nifty.com



厄落とし、憑き物落とし


前回続き。
歩こう!
なんてことをご提案すると、いよいよ、とち狂ったか?とか、ナチュラリスト・キ〇ガイ!なんてことを言われそうですが、四国のお遍路さんもロングトレイルと考えると、おそらく昔から、人は、長い道のりを歩いてたんですよね。そもそも、移動手段は徒歩しかなかったわけですし。。。

仏教のお遍路、キリスト教の巡礼道、などの宗教的なロングトレイルについては、全然詳しくないのですが、おそらくそれらの道を歩く理由って、「厄落とし」「憑き物落とし」だったと思うのです。

ですので、
厄=抜毛症や家族?
憑き物=抜毛症や家族?
ということになると思うので、ぴったりだと思います。

お遍路の全長は1100~1400キロらしいので(なんでこんなに幅があるの?)
私に会うまでの1600キロと近い!(誤差が200キロというのもすごいですが)
私に会うためには、1000キロ越えは当たり前なのかもしれません。

お遍路巡礼5点セット! 白衣(サイズが選べます)、輪袈裟(3色から選べます)、金剛杖、へんろ笠、笠サポーター付【お遍路用品/巡礼用品】 (L, 朱) ←お遍路グッズ@アマゾン


私は、近々、熊野古道に行こうと思っています。
こういうの見てると挑戦したくなりますね。

 

「自然」という状態に戻るには


前回の続き。

自然でない環境で育つ

自然でない行いに発展 (=抜毛症 発症)

自然でない混乱を生む ( ← イマココ???その① )

自然でない混乱の中で、自然でない薬に手を出す( ← イマココ???その② )


ここまで不自然な人が、自然回帰なるものを、自然にできるか?
それはかなり難しいと思います。

自然に、、、ではなく、
かなり意識しないと、自然に戻ることはできないかもしれません。

自然に戻るには?
単純ですが、自然の中に行くしかないと思います。
そこで、いくつか自然に戻る方法を考えました。

① 歩く
② 呼吸する(吸うほうメインではなく、吐くほうに重点をおく)
③ ファームステイ
④ 源泉かけ流しの温泉
⑤ 乗馬
⑥ 滝行

詳細は以下に。

①手始めに家の周囲を少し歩くだけでもいいかもしれない。できれば林や森の中がいいのでしょうが、私のまわりに残念ながら林も森もないです。もし近くに林などあれば、そこを歩いてみてください。
また、別の切り口で、旅行もかねて熊野古道を歩いてみるとか、あと、ロング・トレイルを歩くのもひとつの方法かと思います。ロング・トレイルと言えば、なんと言っても、映画『わたしに会うまでの1600キロ』です。原題はそのまんま『WILD』。パシフィック・クレスト・トレイルを約1000マイル(つまり約1600キロ)歩いた女性の実話を元にした映画です。

f:id:trich-japan:20180212134421p:plain

自然に自然回帰なんてできない。ここまでしないと自然と一体化することはできない。ここまでしないと私には会えない。というのがよく描かれている映画かと。これやったら治ると思うよーと、ゲンキンなことをついつい言ってしまいそうになります。

ソローのこの本も気になる。読んでないけど。

歩く (一般書)


②呼吸については、今、私がカルチャーセンターにてクラスを受講中なので、ついついおすすめしてしまう。加藤俊朗先生(がカルチャーセンターの私の先生)の話を聞くと、これみんなやったほうがいいんじゃないの?と思います。まずは本から入ってみるのもいいかもしれません。

呼吸の本 人生が変わる 呼吸の教科書 (中経の文庫) 恋愛呼吸


③については、自然の中に行くという目的もありますが、自分の家族と離れてみるひとつの方法としていいかもしれない。北海道 ファームステイ - Google 検索

④ポイントは、絶対に源泉かけ流しです。循環ろ過の温泉は"まがいもの"で自然ではないので、事前によく調べましょう!♨

www.jalan.net


⑤動物とふれあうのはいいと思う。うちのねこちんも生まれたときから家猫ですが、野生の部分が多く残っていて、観察していると、いろいろ参考になります。
乗馬については、安冨先生がホースセラピーをお勧めしていたので、これもいいかもしれないです。

⑥そのまんま、滝行です!

tabippo.net



なんでもそうですが、1回こっきりではなく、続けていくのが大事なのかなと。
ただし、ロング・トレイルは、そうそう繰り返しできるものではないと思います。その1回こっきりで、続けざるを得ない環境に無理やり放り込まれるといった感じかな?だから、効率がいいと思うんですよね。医者にいくより、よっぽどいいと思う。でも、映画に触発されて、「パシフィック・クレスト・トレイルを、私も歩きます!」となっても、絶対に無事に日本に帰ってきてね~。日本に無事帰国して完結するので。



 

自然でない行いは、自然でない混乱を生む。

 


シェイクスピアの戯曲、『マクベス』の一節だそうです。

抜毛症の人は、今まで、極めて不健全というか、子どもが育つ環境としては、あまりふさわしくない環境の中で育ってきて、でも、それをなんとか立て直そうとして、髪を抜くわけですが、立て直す、もしくは、軌道修正、もしくは、バランスをとるためにしているはずの「髪を抜く」という行為が、さらなる混乱を招くのです。

自然でない環境で育つ

自然でない行いに発展 (=抜毛症)

自然でない混乱を生む ( ← イマココ??? )


とにかく、キーワードは自然なのかなと。
ナチュラルでも、野生でも、いいです。


不自然の極致に陥っている場合は、自然回帰しかないと思うんですよね。

なので、2018年は「自然に戻る」をテーマにされるのもいいかもしれません。

自然に戻るって?どういうこと?について、ちょっと考えてみてください。
次回のエントリーで、いくつか自然回帰の方法について、ご提案させていただきます!


 

ウエスタン Vs. イースタン

 

 
言うまでもなく、
西洋の考え方が「対立」ですね。
病気を、というか、症状を、自分と対立するものと考える。
西洋医学の基本もこれ。
ここから派生して、病気や症状は悪いもの ⇒ 排除すべきもの、敵、取り除くもの、という考え方になるのでしょう。
がんの治療等で顕著ですが、西洋医学そのまんまですね。

私は、例えば「抜毛癖」を、
自分と「対立するもの」や「敵」と考えると、なかなか本質が見えてこないと、思っています。
それに、そもそも、私たちって西洋人じゃないしねぇ。。。

あと、自然農bot おすすめです。
最近のお気に入り。