トリコチロマニア 101

トリコチロマニア自助グループのブログです。旧ブログは"ひとりじゃないよ"です。 email: trichotillomania.japan@gmail.com

恋愛・結婚・出産報道に関するあれこれ/辟易編


連日連夜と言ってしまっていいほど、恋愛(熱愛)と結婚と出産と離婚と不倫のニュースしかないような感じの昨今ですが、
みなさま、大丈夫ですか?(というブログを以前にも書いたような気がする。けど、再度書く。)

親から受ける影響は絶大なので、なんでも親のせいにしてしまおう!と豪語して憚らない私ですが、恋愛、結婚、出産等々に関する「凄まじい煽り」は、親以外の外部からも多大に影響を受けます。生まれたときから、受けていらっしゃると思います。生まれてこのかた、刷り込まれ、刷り込まれ、刷り込まれまくってきた!と言っても過言ではないと思います。でも、それが当たり前の状態だったので、特に意識したことがない人もたくさんいらっしゃるかもしれませんが、私個人からすると、これらに関する行き過ぎたメディア報道はほんとひどい。もっと他に報じることがあるだろうと、思ってしまいます。

---------------------

突然ですが、ここで「流行歌が証明する恋愛ニーズ」をもとに分析してみます。(恋愛の延長線上に結婚と出産がある、もしくは、そうあってほしい!!!と思っている人は少なからずいらっしゃると思うので、とりあえず恋愛から分析します)
歌は世につれ、世は歌につれ、といいますが、90年代は、97%までが恋愛の歌になっているという驚愕の事実があります。つまり、このような歌が流行歌(=国民のニーズが反映されたもの)になるのは、国民が恋愛に傾注してしまっているということになるそうです。(ちなみに下記図によると戦時期でも恋愛関連の歌は2割を占める!)
もしくは、国民が傾注というよりは、国民をマインドコントロールするために、恋愛の歌はあるといってもいい、とのこと。おまけにサビ部分の最高潮にオンリーユー・フォーエバー的な歌詞をぶつけてくるから、さらに国民はコントロールされると。(←個人的見解ではなく、すべて本からの抜粋で、なるほどなーと思ったので、要約抜粋してます。)

f:id:trich-japan:20190901231923j:plain


ここまでマインドコントロールされると、恋愛は良きもの、となっちゃうし、恋愛はしなきゃいけないもの、となるし、恋愛はしないほうがおかしい、と洗脳されてしまいます。煽ってくるのは恋愛歌のみならず、雑誌というか女性誌もそうだし、恋愛小説もそうだし、化粧品会社もそうだし、洋服売ってる会社もそうだね。はぁー。

だからといって、私個人から、みなさんに、恋愛すんじゃねー!なんてことは口が裂けても言いません。恋愛することのメリット/利点/特典/ベネフィット等々も多分にあると思います。恋愛相手を通して、自分を知れる、ところとかね。それはメリットかなあ……とも思います。

私は、基本、誰が誰と付き合おうが、結婚しようが、どうでもいい、というところまで来ているので、ここまで来ると、楽っちゃ楽です。ここまで来ると、煽られることもなくなります。地球外生命体になる感じですかね。楽です。みんなにも早く楽になってもらいたい。

といいつつ、下世話サイトの極致:Who's Dated Who? を、夜な夜なたまに(ほんとにたまに!)、チェックしている私ではありますが、地球外生命体の立場でチェックしているのであります。

 







外に漏れ出るもの = 抜毛症

 

f:id:trich-japan:20190817024843j:plain

穴のあいたバケツ

f:id:trich-japan:20190817024923j:plain

穴のあいたビニール袋

f:id:trich-japan:20190817024940j:plain
※ https://bit.ly/2z6AW2u より抜粋



「抜毛症を治す!」「抜毛症を克服する!」と言うのは、穴のあいたバケツから水が漏れるのを必死で止めようとしているのと似ている。穴をふさごうとして実際にふさいでも、他の穴からどんどん漏れる。その漏れ出たものが抜毛症。


ーーーーーーーーーーーーーーー


手を忙しくさせれば、治るのでは? とも思ってしまいますが、なにしろ、穴のあいたバケツなので、手を忙しくさせたところで無理なんだろうなと。というのを、これ↓ にインスパイアされて書いてしまった。

youtu.be

 


回復のヒントとしては、バケツは、今あなたが持っている穴のあいたバケツだけではない!ということでしょうか。バケツは他にもたくさんあるのです。答えは1個じゃないと思うので、ご自身でもいろいろ考えてみてください。

f:id:trich-japan:20190817030326j:plain



行き過ぎたポジティブ思考:ポリアンナ症候群とは

 

matome.naver.jp


まずは、まとめサイト をご一読くださいませ。

自分のひどいネガティブ性を、自分自身で初めて意識&自覚できたとき、
その反動で、

「そうだ ポジティブ思考にならなきゃ!!」

の嵐に襲われる人たちが、この世の中にはたくさんいます。

言っちゃ悪いがと言いつつ言っちゃいますが、昨今の抜毛症界隈にも、けっこういらっしゃるような気がします。ポジティブ思考にならなきゃ!の勢いのまんま、ブログ始める人は要注意だし、そんなブログの読者の方々もどうか騙されませんように、と願わずにはいられない。(私は、ポリアンナ症候群ブログはみないようにしています。気持悪くなるので。)

めざすべきは、ポジティブ思考じゃなくて、ニュートラル思考のほうがいいんじゃないかと個人的には思っています。
その、ニュートラル思考とはなんなのさ?となりますが、ニュートラルはニュートラルなわけで、あ、中立や中間と訳されるのはイヤです。意味としてはそれじゃない。意訳としては、泰然自若、とかもいいかもね。


ちなみに、これ↓も似たようなもんです。ご参考までに。

 

 

安冨せんせ/「あゆむ」→「あゆみ」へ名前変更の理由

 
安冨歩せんせ(東京大学東洋文化研究所教授)のことは以前よりツイッターフォローをしており、たまにリツイートもしていたのですが、去年は埼玉県東松山市長選に立候補し落選(でも活動1週間で約7000票獲得)、現在れいわ新選組から参院選立候補中となっています。

安冨せんせのご経歴:
京都大学卒→住友銀行(現三井住友銀行)入社&退社→京都大学大学院→京都大学助手→名古屋大学助教授→東京大学准教授→東京大学教授

非の打ち所のない、文句なしのスーパーエリート経済学者ですが、
いつも不思議なことを言う。経済学者なのに、なぜか "東大話法" をテーマにした本を書く。

その根っこは親子関係にある、とのことなので、親子関係に悩む人は、この街頭演説は必見です。ぜひ、チェックしてみて。

youtu.be




セルフケアとは?

 


↑ 5月に京都で開催された医療関連の学術大会(つまり学会)とのことですが、学会名からはどんな学会か、よくわかりません。。。しかしながら、医者や薬剤師やコメディカルなどの医療従事者が参加しているらしく、薬剤師による実況中継ツイートがあったので、以下に抜粋。


クスリが、セルフケアにはかなわない!と学会で発表されているというのはなかなか興味深く、お見知り置きをと思いまして、ブログにも残しておきます。

じゃあ、その、クスリの上をゆく、セルフケアってなに?となりますが、
他人任せじゃなく、主導権は自分で握る、みたいな感じでしょうか。
以下、コトバンクより抜粋。

セルフケア・せるふけあ・self care
日本大百科全書(ニッポニカ)の解説より

自分自身で自分の生命、健康、安寧を維持・管理するために、自らの意思をもって行動し、またその技法を身につけ実践すること。また、そのために医師や医療専門職を積極的に利用することも含まれる。自己ケアともよばれ、自分で整体の施術を行う場合などでは自己療法と同じ意味で使われることもある。また生活習慣病の予防などを目的に、自分自身で健康管理を行うという意味のセルフメディケーションという用語もある。これは、アルコール依存症や慢性疾患などの問題を抱える患者や家族同士が、互いに支え合うことを目的に集まり、相談や援助を通して問題を解決しようとするセルフヘルプ(自助)ととともに、1980年前後から広まってきた考え方で、人が自らの健康問題に主体的かつ積極的にかかわり、自ら決定していくという概念がその根幹にある。
アメリカの看護師オレムDorothea E. Orem(1914―2007)は自らのセルフケア理論のなかで、人にはセルフケアを意図して行う能力が備わっていると主張し、自分自身の機能や健康の維持、成長や発達、疾病や障害および治療など、セルフケアで達成すべき目標をセルフケア要件として具体的に示した。またエール大学名誉教授レビンLowell S. Levin(1927― )はセルフケアについて、人が自分自身の健康の維持・増進、疾病の予防や治療のために行うプロセスであると定義し、個人のセルフケアの役割として、健康の維持、疾病の予防をあげ、これを実現する手段として、自ら行う診断や治療および服薬、専門家によるサービスの活用をあげている。

 
抜毛症も
・他人任せや
・他力本願や
・奇跡を信じているときって
ほんとに快方しないんです。
つまり、えーっと、、、言いたいことわかっていただけるとありがたいです。