トリコチロマニア 101

トリコチロマニア自助グループのブログです。旧ブログは"ひとりじゃないよ"です。 email: trichotillomania.japan@gmail.com

表向きの課題の裏に、真の課題がある


◆ 表向きの課題 ⇒ 抜毛症を克服する!とか、みんながみんな異口同音に言うやつ。(つまり、私が辟易なやつ)
◆ 真の課題 ⇒ ??? はて、なんぞや?

真の課題が解決されれば、抜毛症もきっと快方に向かうと思いますが、
表向きの課題が解決されても(=抜毛症が治っても)、真の課題は、根強く、残り続けると思います。

真の課題と向き合わないために、表向きの課題である抜毛症に心奪われる、と言えなくもない。でも、真の課題を見つけること自体が大変な方もいらっしゃると思うので、そこは焦らずじっくりやっていくしかないのですが……。焦るのが、いちばんよくない。

 

「毒親」はどこから来たのか?


スーザン・フォワードの 毒になる親 一生苦しむ子供 (講談社+α文庫) という本がありまして、超ロングセラーの超有名本なので、ついついみんなも絶対に知っている!はず!と思ってしまうのですが、世代が違えば、常識も認識も変わるし、私の思い込みは通用しないなーと思って、やっつけでブログにも書きます。

 
以下抜粋

f:id:trich-japan:20181202022652p:plain

この本、もちろん持ってるし、一通り読んだこともあるのですが、なんかね~、これ関連の本は、無意識に自動的にバリアを張りながら読んでしまう癖があるみたいで、内容をよく覚えていないのです。上記の抜粋も、こんなこと書いてあったっけ?と今回新鮮に驚きました。油断していると、いろいろなものが自分の中になだれ込んできそうで、なだれ込まないように防衛しながら読んでしまうみたい。ま、魔除けと思って1冊持っておくのもいいかも。

毒になる親 一生苦しむ子供 (講談社+α文庫)

毒になる親 一生苦しむ子供 (講談社+α文庫)

 

f:id:trich-japan:20181201202758j:plain
スーザン・フォワードさん

 

テレフォン人生相談 / クリティカルヒット編


これはクリティカルヒット!の、テレフォン人生相談 きました!

これを聴くと、母親というのは、何を考え、どういう態度をとっていればいいのか?がわかると思います。

みなさんのお母さん(=子どもにアディクションを発症させてしまうような母親)は、アドバイザーの三石由紀子さんが提案するような母親では決してないと思うんですよね。

自分の母親のような人間にはなりたくない!と思いながらも、ロールモデルがいないから、どんな母親になればいいのかわからない、という人も多いと思うので、ご参考までに聴いてみてください。もちろん、結婚しなくてもいいし、母親にならなくてもいいので、そっちの選択肢があることも忘れずに~。

あと、兄弟姉妹と常に比べられてた人も、聴いてみてください!

youtu.be

産まないと自分が死ぬから産む


産まないと自分が死ぬから産む
というのは、カウンセラーの信田さよ子先生が講演等々で何度も言うフレーズ。
当初はあまり飲み込めなかったのですが、最近その意味、そのおぞましい意味、がやっとわかるようになりました。信田先生、サラっとすごいこと言うな。。。

これだけではわからないかもしれないので、少々補足すると、
お腹の中にいる子どもを産まないと、母親である自分が死ぬ。
よって、自分が死なないために、子どもを産む。
ということです。

さらにわかりやすくするために、
便秘に例えます。

2週間お通じがないと、つまり便秘だと。
それで、2週間ぶりに、リリースできそうだと、
なにせ2週間分たまってるし、出さなきゃいけないし、大変な感じになってきたし、、、
とにかくコレを出してしまわないと、自分が死んでしまう。出さないと死ぬ。出さないと死ぬ。出さないと自分の命が危ない……というのは便秘経験者でなくても十分想像できると思うんです。

まぁ、例えがアレですが、
起きている生理現象としては、基本、出産はこれ(=2週間ぶりの便秘リリースの件)と同じですね。

母親というのはね、母親自身の命を守るために、子どもを産むんです。
産まなきゃ自分が死ぬから産むの。

これでわかってもらえますよね。


ですので、

産んでやっただの、
命を与えてやっただの、
誰のおかげで生きてるんだだの、

偉そうにこういうこと言う親がけっこういるようですが、こういうの全部、親の詭弁ですからねー。
すっかり騙されちゃっている人もいるかもしれませんが、騙されないように!


・産まないと自分が死ぬから産む
・子どもうんぬんはさておき、まず自分が生きるために子どもを産む

・自分で自分の死を選べないから産む
・極限状態で、自分が死なないことを選んだ人のことを、母親と呼ぶ
などなど、みなさまもいろいろな表現を考えてみてください~。



備忘録


ヒントがたくさんあるので、備忘録として。


 

以下、抜粋!

f:id:trich-japan:20180926231430j:plain