読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トリコチロマニア 101

トリコチロマニア自助グループのブログです。旧ブログは"ひとりじゃないよ"です。 email: trichotillomania.japan@gmail.com

スルメとぬか漬け

トリコチロマニア 抜毛症 抜毛癖 親子関係

 


これはアルコール依存症トピックでは、よく例えとして使われます。
もはや、イカでも、生のキュウリでもない自分を自覚しましょう。ということなのだと思います。

アルコール依存症も抜毛癖も、広義の意味では同じカテゴリーに入ります。
もちろん完全に同じではないけど、ACや共依存という単語が生まれる元になった、アルコール依存症から、私たちが応用できることはたくさんあると思っています。

 
抜毛症の人が、呪文のようにお題目のように「絶対に治す」と言うとき、私はそこに、違和感や、狂気を感じるのですが、きっとそれは、スルメやぬか漬けになってしまった自分を自覚できておらず、今はこんな私でも、イカや生のキュウリに戻りさえすれば!…… という起き得ないことを、ただひたすら願っている状況に、ひっかかってしまうからだと思います。

私は、髪の毛が元に戻らないとは言ってません。
髪が、すべての毛穴から生えてきて、もとに戻ったとしても、
一旦、依存症で変性してしまった人は、スルメやぬか漬けになってしまった人だと思うのです。

この変性は、地球上のすべての人たちには起こらなくて、
依存症の人にしか起こらなくて、その意味では特権階級じゃんと思います。
なぜなら、この世の、裏の裏まで見れるような気がするし、裏の裏までわかるような気がするし、私はこうなってよかったと思っています。心底。

何も、イカや生のキュウリのままじゃなくてもいいじゃありませんか。って思いませんか?
スルメにはスルメの、ぬか漬けにはぬか漬けの良さがあるので。
 


 



医療の裏側?

抜毛症 抜毛癖 トリコチロマニア

 
ちょっとネット検索するだけで、けっこういろいろ出てきます。
ウィキペディアだけでもけっこう拾えちゃいますよね。


ーーーーー

病気喧伝 - Wikipedia
裏側と言うからには、ここらへんから~。


医療化 - Wikipedia
これも病気喧伝と似たようなもの。あちら側の戦略のひとつ。もはや常識。メタボリック・シンドロームとか、発達障害とか、新しい言葉もばんばん作るし、喫煙、まゆ毛、ワキ汗まで病気にする。挙げだすときりがない。なんでも病気にしちゃいましょう!ってやつです。

◆薬ってどうやって効くの?という基本的な情報を知らない人が多すぎると、どうしても感じるので。。。
かくいう私も、製薬会社で働くまでは、ぼんやり知ってたような、知らなかったような、という感じでした。
薬の成分は、ピンポイントで患部に到達し、そこで効果を発揮するのではなく、血液にのって、全身すみずみ、つまり血管のあるところすべてをめぐってしまう……ということだけでも知っててほしいです。

chugai-pharm.info


補足:血管とは?
血管 人間 - Google 検索 ← クリック! 
グロい……ということになるのだろうか?薬の成分は血液にのって、毛細血管まで、すみずみいきわたる。体中をめぐるというのは誇張でもなんでもなく事実です。



製薬 - Wikipedia
そもそも、製薬ってなに?
このサイトは、なんと言っても下記グラフでしょうか。
国別、一人あたりの、薬の消費量。

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/3/30/OECD_pharmaceuticals_expenditure.svg

Dollars for Docs
製薬会社から医者にどれくらいお金が流れているかが、わかるサイト。
驚くなかれ、個々人&実名で、HOW MUCH?のサイトです。
すべてアメリカの情報ですが、1Mが、約1億円なので、ひゃー!って感じですね。

projects.propublica.org

 

モリエールの医者諷刺 - Wikipedia
これ読んでると、モリエールの時代と、今と、大して変わらないような気もします。 

  

「治る」ってなに

トリコチロマニア 抜毛症 抜毛癖 読書 親子関係

 
前回の続き、

<追記で(レズ風俗に行ってから)抜毛症は治ってるとのことです!
 本の最後ではそうなってた。>

と私はブログで書いてしまいましたが、言うまでもなく、
そして著者もそこらへんの因果関係:
つまりレズ風俗に行ったから、(抜毛症が)治ったのか、については、もちろん描かれていないと解釈したほうがいいのかな。そっちのほうがいいよね。
(まぁ、出版される時点でどう受け取られようがどうでもいい、とは思っておられるとは想像しますが……)

だいたい、治るってなに?
症状が取れたら、それで終わりじゃないだろう。
というのは、その後の著者のツイートからも察知できるかもしれません。

永田カビさんのツイッター
永田カビ 12/10『一人交換日記』 (@gogatsubyyyo) | Twitter

出版その後のインタビューとかあるみたい。
なんでペンネームで書いてるのに親にばれたんだろう?等々、興味深いです。
また、自分の娘の出版した本に対する、お母さんの反応が、ほんとに、ザ・毒親な感じで、あぁー……って思います。
(もはや、今となっては、毒親って単語を使うことに関しては、私自身あまり関心はないのですが、こう言っちゃったほうがわかりやすいので、人の親をこんな風にいってすみません。)

 

さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ

さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ

 


 お、新刊も。。。こっちは未読。

一人交換日記 (ビッグコミックススペシャル)

一人交換日記 (ビッグコミックススペシャル)

 

 

さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ / 読了!

トリコチロマニア 抜毛症 抜毛癖 読書

  
ずっと気になってたのですが、やっと読みました!


内容すごい。売れるのわかる。
なんと、著者の永田カビさんは、抜毛症でもいらっしゃったんですね。
抜毛症だけではなく、女子3大アディクション摂食障害リストカット、抜毛症)のすべてを発症していらっしゃるとのこと。でした。

タイトルにもなってる、飛び道具的な、ウルトラC的な、<レズ風俗に行く>という行為は、個人的には好きですね。個人的に反論とか反対意見とか全然ない。(好き嫌いで語っていいものか、今日読んだばっかなので、まだ自分のなかでまとまってないけど。。。)

久しぶりに、思わずブログを書いちゃうくらい、衝撃的な本でした。

さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ

さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ

 


レズ風俗そのものがどうこうではなく、そこに至るまでのプロセスとか、レズ風俗を体験しての感想など、そこらへんがなぜかとても感動的なんですよね。
 
追記で(レズ風俗に行ってから)抜毛症は治ってるとのことです!
本の最後ではそうなってた。
 
親との関係を絶つという方法(案外いろんな人たちがしている方法ではありますが…)も、ウルトラCだとは思いますが、みんながみんなできるわけでも、したいわけでもないと思うので、永田カビさんの回復のしかたもかなり参考になると思いますよ~! 
 

おやのいんががこにむくう

トリコチロマニア 抜毛症 抜毛癖 親子関係

 

親の因果が子に報う(おやのいんががこにむくう)
ことわざで、ぴったりのがありましたよ!
親の心子知らず、なんてほんとくだらないねぇー。
これからはこれです。

意味は……
✅ 親のした悪業の報いが罪もない子に現れる。
親の罰(ばち)は子にあたる。(←いい加減にしてくれ……と言いたくなる。)

あなたは、罪もない子!なのだと、
せめて、それだけは、ちゃんと自分の頭で理解しておきましょうよ。

kotobank.jp