読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トリコチロマニア 101

トリコチロマニア自助グループのブログです。旧ブログは"ひとりじゃないよ"です。 email: trichotillomania.japan@gmail.com

自分を自滅させないために、家族を崩壊させるのはどう?

トリコチロマニア 定期ミーティング 抜毛症 抜毛癖 親子関係 読書


 
先日読んだ、タフラブという快刀のなかに、こじれた親子関係の4パターンについて書かれていました。以下抜粋。


=================================
 
1、子どもに激しく問題行動があらわれ、子どもが自滅していくケース
不登校・ひきこもり、過食症・拒食症、リストカットなどの問題行動、またはうつ病パニック障害などの精神的な症状としてあらわれ、時には自殺にいたることもある。

2、子どもに激しい復讐心が生まれ、それが親への暴力となってあらわれるケース
何年間にもわたり、「こうなったのはお前たち親のせいだ」と親を責めつづける。ときにそれは親を殺しかねないほどの脅威に発展する。

3、家族が崩壊するケース
こじれた結果、親か子どものどちらかが相手を捨てる、あるいは離れる。たいていは子どもが親を捨てる。また、子どもの問題をきっかけに夫婦が別れる場合もある。

4、関係の修復をあきらめるケース
こじれたままの関係で、ずっと一緒に暮らす。不思議なことに、こんな家族をたくさんみかける。
 
=================================


ちなみに、抜毛癖も立派な問題行動のひとつですので、
激しく問題行動があらわれている!ということになっちゃいますね。


いちばん多いのは、かも?
今さらですが、人って変化を好まない生き物なのです。
5年前の自分とあんまり変わってない……(ついでに家族のメンバーも変わってない。変わってないというのは、端的に言うと、人として成長してないってことです。)
でもこういうことは、多くの人にとっては普通のことなのかもしれません。
 
自滅の道を辿っていませんか?
こじれた関係を、こじれていると自覚できず、修復をあきらめ、
現状に流されていませんか?

私の場合は、
 1(自滅していないパターン)
  ↓
 2(短期間)
  ↓
 3ですね。


知ってた?
家族って、別に崩壊させてもいいんだよ♡

 

これ↓ あさってです!